プロフィール

スタッフ

皆さんこんにちは。JO-JOです。毎日変わった地元の有機野菜を仕入れておりますのでなにか仕入れましたら写真で登校してまいります。宜しくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2010年2月 5日 (金)

昨日は枚方の農家さんを訪問させていただきました

昨日は以前から訪問したいと思っておりました、枚方の手塚さんと言う農家さんを訪問いたしました。ご協力いただきましたのは私どもが野菜をいただいております「坂の途中」という会社のご協力により実現いたしました。また今回他に二店舗の飲食店のオーナー様とぐるなびのかたと同行させていただき、ある意味交流会の意味を込めた有意義な訪問でした。
正直、有機野菜をされている農家さんに行くのは初めてでしたので現場をマジマジとみると周りには本当に農薬の袋などはなく落ち葉を集めて醗酵させた肥料や暖かさを保つためのワラ、焼いて肥料になる竹などがありました。また敢えて無理やり雑草を抜くのではなく、適度に残し野菜にとって暖がとれるようにほどこしてあるので周りの農家さんに比べ少々雑?な感じでした。(笑)
この手塚さんとは以前お会いしているのですがやはり仕事の話となるとまた違う一面を見ることができとっても有意義なものでした。今回見たかったのがもうひとつありました。それは聖護院大根でした。12月ごろからこの大根の入荷を心待ちしておりましたがいつまで待っても収穫できないとのことで実際今回見て納得いたしました。大根がソフトボール程度にしか成長していなかったからでした。原因は木の木陰になっていたらしく成長しなかったとのこと。本当に有機栽培の難しさを実感いたしました。

2009年12月 2日 (水)

今日は農家さんを訪ねました

まずは先日小浜から直送の鯖とカマスなどをいただいたのでご紹介いたします。今回いただきましたお魚はアナゴ、ヨコワ、ガシラ、カマス、鯖、石垣ダイなどいただきました。量が多いため何匹かは干物にいたしました。実際干そうにも場所がないのでキッチンの中で一夜干しにいたしました。やはりその日にとれたお魚なのでアナゴなんてもう天婦羅なんかにしたらサイコーです。お客様も安値で美味しかったので大変喜んでいただき、私もうれしかったです。今日は休みをいただきましたので上加茂にいって「すぐき」の作っておられるところを見学に行ってきました。ご主人の名前は池田さんで大変おやさしい方で奥様もすごくよくしていただきました。今写真をアップしようとしましたら、エラーのためできませんでしたすいません。お漬物ができるまで一ヶ月を要するというだけすごい設備でした、重さ400キロから700キロの重さでプレスをかける工程が見れました。うーん写真がないのが残念です。軽く塩漬けしたすぐきを千枚漬けみたいにした物をいただきました。本当においしかったです。また写真で紹介いたします。すいません

2009年11月25日 (水)

今週のお野菜

今回、「あやめ雪」という小かぶらをいただきました。すいませんまだ写真がとれてませんが赤かぶらでもないちょっとかわいい上の部分だけが赤いかぶらです。パスタにしてもおいしいですし、今回は素材そのままオリーブオイルとお塩のみで食べていただけます。有機野菜だから皮まで安全!

2009年11月18日 (水)

生のすぐきを入荷いたしました

京都のみなさまにはなじみがあるかも知れませんが「すぐき」と言うのはよくお漬物として有名ですが、今回わたしも初めて生のすぐきを農家さんに無理に譲っていただきました。今流行の「ラブレ乳酸菌」と言う菌が独特な風味をかもしだします。とりあえず作り方が分からなかったので昨日ピクルスににいたしました。どううまくいくか楽しみです。また報告いたします。

京ちゃぶ屋ばる Jo-Jo のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
京ちゃぶ屋ばる Jo-Jo